TOP > ダイビングスクールについて > 選ばれるダイビングスクールの特徴

選ばれるダイビングスクールの特徴

名古屋にも多くのダイビングスクールがありますが、その特長によって選ばれ方に違いがあります。
大型の専用プールを完備しているところでは、しっかりと実技をそこでこなすことができるために、海へ出る前に安心して基礎を学ぶことができます。
やっておきたい基礎技術としては「マスククリア」があり、これはマスク内に浸入してきた水を外に出すスキルになります。
やり方は、鼻息を使うことになるので、呼吸のコントロールをすることも忘れてはいけないです。
またマスクを完全に外すことも場面によってはありますので、マスクを付け直す脱着テクニックもやっておくことで基礎を学べます。
その他にも「フィンキック」などがあり、足にフィンをつけた状態で泳ぐことになるために、なれない人だと上手くできないこともあります。


フィンを使ったキックを上手くできることで海の中でも自在に泳ぐことができるようになりますし、足の使い方を覚えるとフィンを取ったスイミングにも役立ちます。
水と捉えることを意識するのですが、足を動かすことだけに集中してしまうと上手くできません。
基本はスイミングのキックと同じく、膝を曲げないことや太ももから大きく動かすことを意識することです。
そして忘れてはいけないのが「ハンドシグナル」で、これは水中では言葉を話すことができないので、手を使って仲間に伝達する方法になります。
実際に海の中では使うことが多く、突然のトラブルにも対処することができます。
これらの基礎を習得していくことによって、ダイビングのイロハを学ぶことができるので、スクールでインストラクターに教えてもらうことは必須となります。


名古屋でダイビングスクールを探す時には、まず料金が明確になっているところがベストといえます。
やはり気になるのはどのくらい費用がかかるのか、という点になり何を教えてもらえるのかというのは、そんなに大きな違いはありません。
そのために明確に料金を提示しているところは、安心して通うことができます。
また初心者でも時間をかけて教えてくれるところも大事で、水が怖いという人が最初は殆どですが、それを無理に慣れさせるのではなく時間をかけてやってくれるところも安心です。
特に女性は時間をかけてくれないと怖いという気持ちで入ってしまうと、これから続けることができません。
その他にもいろいろなダイビングができる場所を、提示して案内してくれるところも大事な目安となります。
同じところばかりでは飽きてしまいますし、何よりも他のスポットでダイビングができると新しい発見があるかも知れないからです。

次の記事へ