安心してお任せ出来る安い車検のオススメサイトをご紹介

各社の総合評価早見表

トップ > 車検の安い情報 > 車検費用の支払いのタイミングについて

車検費用の支払いのタイミングについて

 車検を受けることは義務であり、避けることはできません。維持費の中でもある程度まとまったお金が必要となる点なので、いくら必要となるのかや支払うタイミングなどで悩むことになるのではないでしょうか。車検を受ける際には、事前に見積もりを取ることになります。複数から見積もりを取り、少しでも安いところを探すという人も多いです。基本的には整備内容や料金が確定しないと支払うトータル費用は決まりません。従って整備付きの車検を受ける場合は、まず車の状態を確認しなければ正確な費用の見積もりを知ることができないことになります。車検代行以外は、車を預ける際には全体の費用が決まっていない場合が大半ということを頭に置いておくようにしましょう。後々予定よりも高額なトータル費用の請求があるということもあります。

 支払いのタイミングは、どこに依頼するのかによって先払いか後払いかには違いが生まれます。まとまった費用がすぐに用意できないとなれば、後払いに対応している先を選ぶことになるのではないでしょうか。しかしその際に気をつけておかなくてはならないのが、法定費用のみは先払いになるケースが大半ということです。整備料金に関しては、車を預けて点検が終了した時点で確定することになります。その後そのまま継続検査を通すとなれば、自賠責保険料を支払い、保険を延長しなくてはなりません。依頼した先が、損害保険の代理店となり自賠責保険契約の締結を行うことになりますが、保険の契約者に代わって保険料を立て替えることは法律により禁止されているので、必然的に法定費用のみは先払いという形になります。

 法定費用は保険料や税金なので、通常は現金での一括払いが基本となっていました。しかし、現在ではクレジットカード支払いが可能というケースも増えており、より便利になりました。もちろん支払い方法も、支払いのタイミング同様にディーラーや車検専門店、町工場やガソリンスタンドなどそれぞれの業者によって違いがあるので、事前にしっかり確認しておく必要があります。どこに依頼すれば少しでも安く車間を受けることができるのかという点に気を取られてしまいがちですが、支払い方法やタイミングも確認しておくようにしましょう。今の時代ならば、インターネットを使えば簡単に見積もりを取ることもでき、業者の比較もできるようになっているので、手間なく適した依頼先を見つけることができるようになっています。

次の記事へ

カテゴリー