安心してお任せ出来る安い車検のオススメサイトをご紹介

各社の総合評価早見表

トップ > 車検の安い情報 > 車検の内訳を確認することが大切です

車検の内訳を確認することが大切です

 車検は新車の場合3年後に、その後は2年ごとに必ず取らなければならないことに決まっています。そして、車の重さなどによって車検の費用が変わってきます。そのため、どのくらいの費用が掛かるのかをディーラーなどで見積もりをしてもらう必要があります。ちなみに、車検には主に法定費用と整備費用があります。その中で、法定費用には自動車重量税と自賠責保険料と検査手数料が含まれます。法定費用に関しては、ディーラーでもガソリンスタンドでも金額に変わりはありません。そして、違いが出てくるのが整備費用の部分で、基本点検技術料などは車検を受けるところで変わってきます。そのため、見積もりを取ったら初めにその部分を比較することが大切です。実は、見積もりを取ってもらう前に、インターネットの比較サイトでも知ることができます。

 比較サイトでは、地域を選ぶことで一番安いところを探すことができます。もちろん、概算見積もりのため交換が必要な部品があった場合にはその分費用が掛かりますが、一括で比較できるのはメリットがあります。そして、比較サイトを活用するメリットとして、代車を貸してくれるか、あるいは引き取り納車も行ってくるかで絞り込めるという点です。これによって、時間がない人や車を使わなければならないときにも安心して行うことができます。しかも、土日対応しているところもあり、自分で車をもっていき依頼ができます。ちなみに、整備費用に関してはディーラーで40000円ほどですが、民間工場であれば安いところで20000円ほどになります。例えば、ディーラーの場合普通車で法定費用も含めて10万円ほどになります。それを基準に比較をしてみるということも大切です。

 次に、確認する部分として必ず交換や整備をしなければならない点です。車は年数が経過することによって消耗していきます。結構多いのが灯火類でランプが切れてしまっていることです。特に、スモールランプやバックランプは気が付きにくい部分であり、交換をしないといけない部品です。これに関しては、物によりますが数千円で変えることができます。そして、足回りの部品は結構な費用が掛かる部分です。例えば、タイヤの場合の残り溝が1.6ミリ以上必要なのですが、それ以下になっていると交換が必要です。同じようにブレーキパッドも溝が少なくなっていると交換が必要です。これは、お店のほうでストックしていることが多いため、すぐに対応してもらうことができます。しかし、特殊な部品やLEDのランプなどはユニット型になっていることもあり、事前に依頼をしておかないとすぐには交換ができません。そのため、車検が近くなる前に依頼をする必要があります。ちなみに、車検が切れる1カ月前から行えるため、早めに対応したほうが安心です。

次の記事へ

カテゴリー