安心してお任せ出来る安い車検のオススメサイトをご紹介

各社の総合評価早見表

トップ > 車検の安い情報 > 車検に必要となる費用の内訳について

車検に必要となる費用の内訳について

 自動車を使用する上で保安基準に適合しているか確認するために行うことであり、必ず受けなくてはならないのが車検です。自動車を所有し乗り続けるためには、車検は避けては通れません。車種や乗っている年数によって、車検に必要となるトータル費用に間違いはありますが、ある程度はまとまった費用が必要となることは間違いありません。車検は、どこに依頼するのかによって車検費用にはかなり大きな差が生まれるので、よく比較してから選ばなくてはなりません。少しでも安いに越したことはないことは確かですが、車検の内容は依頼先による違いもあるので、しっかりチェックして納得できるところに依頼することが大切になります。まずは、車検に必要となる費用の内訳を知るところから始めることが重要ではないでしょうか。

 車検には法定費用と、車検基本料があります。法定費用は自動車重量税と自賠責保険料、そして印紙代です。法定費用はどこで車検を受けても同じ金額であり、安くしてもらうことはできません。法定費用は自動車の種類や車両重量、車検有効期間などによって異なりますが、きちんとした決まりがあるので事前にインターネットなどで自分の自動車に必要となる法定費用はいくらなのかということも、チェックしておくことができます。一方で車検基本料は、車検を受けるために必要な点検や整備を行うための費用であり、どこに依頼するのかによって金額には大きな差が生まれる点となっています。最も安く済ませるならばユーザー車検となりますが、ある程度の知識が無いと車検は難しいので、きちんと考え依頼先を決めるようにしましょう。

 車検基本料は手数料なども含めて、おまけしてもらうことができたり交渉次第で割引してもらうことができるケースもあります。安いに越したことがないということは確かですが、金銭面の違いのみで判断するべきではありません。安いところは、車検に通るギリギリな点検や整備のみをしていることが多くなっており、車検に出した後に壊れてしまい修理しなくてはならないこともあります。修理に出さなくてはならないとなれば、車検に必要となる費用よりもはるかに高額な出費となってしまう可能性もあります。きちんとした点検と整備をしてくれて、なおかつリーズナブルなところに依頼するようにしましょう。そのためにも複数から見積もりを取り、比較し見積もりを取った上でどこが良いかを決めることが安く良い車検を受けるためのコツです。

次の記事へ

カテゴリー